方針

会 長  高 柳 健 司


<RIテーマ>
  2019~2020年度のRI会長はマーク・ダニエル・マローニー氏です。マローニー氏は本年度RIテーマ「ロータリーは世界をつなぐ」の下、「ロータリーの奉仕を通じて人々が手を取り合い行動を起こす為のつながりを築いていきましょう。」と掲げています。
<マローニー会長の協調事項>
 ①奉仕活動やプロジェクトで地域に大きなインパクトをもたらすこと。
 ②会員の家族や友人、プログラムや奉仕活動の参加者は皆ロータリーのファミリー。
 ③若い職業人を迎え入れる。
 ④国連はロータリーに対し非政府組織の相談役として最高の地位にあると認めている。
<地区テーマ>
    地区方針は「ロータリーの魅力を広げよう」であります。ガバナーの思いの1つに、「自 分自身と自分のクラブをレベルアップする為にロータリアン同士が知り合いになり、自分 の人脈を広げましょう。そして他のクラブの活動を知ることにより自分のクラブをレベル アップできる年にしましょう。」があります。
<クラブ方針>
    私達佐久ロータリークラブも、それぞれの奉仕活動を会員全員が前年よりちょっと無理 して自発的に取り組み実行していくことが重要です。下記事項を計画しますので会員の皆 様の御理解と御協力をお願いします
    ①ロータリー賞に挑戦。
    ②現会員を維持しつつ会員増員を図る。
    ③クラブの目指す方向を共有し複数年度で活動して目標達成に向けて努力する。
    ④ロータリーデーなど多くの事業に積極的に参加しロータリークラブをアピールする。
    ⑤他クラブと交流を積極的にする。
 会員皆様の御理解御協力を賜りますようお願い申し上げます。

副会長  二 見 光 子
 高柳会長の基本方針に沿って、側面からお支えできる一年と致します。会員皆様と共にできる限りの力を注ぎたいと思いますので、ご協力を宜しくお願い致します。

幹 事  竹 内 正 幸   副幹事  小 林 崇 之
 高柳会長の今年度目標を浸透出来るよう努めるとともに、幹事として会長を補佐し、理事・委員長の皆様と連絡を密にし、会が円滑に進むよう努めてまいります。1年間会員の皆様のご理解ご協力をお願い致します。

SAA  依 田 淑 史   副SAA  鬼 久 保 勝 規
 
例会の進行にあたっては、テンポの良いスムーズな進行を心掛けるとともに、1時間という決められた例会時間を有効に使えるよう進行面でサポートしたいと思います。例会が、厳粛でありながらも和気あいあいとした時間になるよう努めたいと思いますので、会員の皆様のご協力を宜しくお願いします。

会計委員長  阿 部 豊   副委員長  髙 見 澤 一
 高柳会長の方針に沿って、会計の役割である適切な資金管理を行い、クラブの財務の健全性を保つよう努めて参ります。一年間、事務局のご助力と皆さまのご協力を宜しくお願いします。

委員会事業計画

クラブ奉仕(家族)委員会


Committee of club service

委員長:二見光子

委員:クラブ奉仕委員会所属(出席、会員増強、親睦活動、会報、プログラム、公共イメージ向上、ニコニコBOX、ロータリー財団、米山記念奨学会)委員会各委員長

 クラブ奉仕は、会員皆様のご家族も含めましてクラブ運営の礎であることを認識し、クラブ内組織の充実を図り、会長方針を第一と考え、クラブ奉仕委員会所属委員長と連携を取りながら、魅力あるクラブ活動を積極的にお支えしたいと考えております。全会員の皆様のご協力ご理解を宜しくお願い致します。

出席委員会


Committee of attendance

委員長:池田隼士 副委員長:新井晃
委員:木内均、高橋浩、鬼久保勝規、森永哲郎、倉又雅直、雫田直輝、茂原充、黒澤和之、尾沼 一、茂木智宏、花岡賢一

 クラブの活力・例会の充実度の向上を図るためにも、引き続き高い出席率の維持をお願い致します。受付は明るく笑顔でお迎えし、出席しやすい例会とします。地区行事、その他の活動にも積極的に参加して頂けるよう周知を図ります。例会参加が難しい会員にはメイクアップを推進致します。食事の無駄を無くす為、もったいない募金も継続させて頂きます。皆様のご協力をお願い致します。

会員増強委員会


Committee of membership expansion

委員長:小林貴幸 副委員長:村田博志
委員:小林崇之、川本明夫、新井晃、雫田直輝

 会員増強委員会では、クラブの能力や強みは会員数にも直接関係すると位置付け、活発なクラブ活動を持続的に発展していくために、クラブ会員一丸となって会員増強に不断の努力で取り組んでいく必要があると考えております。地区目標でも「各クラブにおける会員純増1名以上」「女性会員、40歳以下の会員を増やす」と示されています。クラブ戦略計画書にあるように、会員数50名以上のクラブを目指し、純増3名以上(うち女性会員1名以上を純増)を達成することを目標に掲げ、取り組んでまいりたいと考えます。また、会員の退会防止や出席率の向上のためにも出席委員会や親睦活動委員会、新五会、それから地区会員増強委員会などとも連携を図り、新会員セミナーの開催やその他の行事の開催や参加など、魅力ある活動を積極的に行ってまいりたいと思います。そして、これまで会員から紹介してもらった新会員候補者に加え新たな入会候補者をリストアップして更新し、紹介者含めメンバー数人で勧誘に通い、一度、例会やクラブの行事に来てもらうようにしたり、女性会員に新しい女性会員候補者を紹介してもらったり、特にクラブ会員の平均年齢が若いという状況も考慮して若手会員に同世代の新会員候補者を紹介してもらう、といった取り組みを積極的に展開してまいりたいと考えております。いずれにしましても、会員皆様のご理解とご協力なしには会員増強を図ることは出来ませんので、絶大なるお力添えを宜しくお願い申し上げます。

親睦活動委員会


Committee of friendship

委員長:大井龍哉 副委員長:倉又雅直
委員:市川覚、羽柴壮一、神津雅利、中川正人、村田博志、森永哲郎、髙見澤一、雫田直輝、茂原充、黒澤和之、尾沼一、茂木智宏、花岡賢一

 新会員も増えたので、親睦活動を通じて会員同士の仲間意識を高められるように努力致します。
      ①夜間例会、移動例会などの内容の充実を図る。
      ②会員はもとより、家族、ゲスト、ビジターが和やかに心地よく親睦を深められるよう環境整備に
    努める。
      ③ロータリーのレクリエーション及び社交的諸活動への参加を促す。
      ④会員の誕生日祝の記念品を選定する。
      ⑤会員間の親睦を図るための事業を行う。
 以上をふまえ、事業を実施したいと考えていますので、積極的なご意見とご協力を宜しくお願い致し
ます。

会報委員会


Committee of newsletter

委員長:小林崇之 副委員長:木内均
委員:荻原新七、羽柴壮一

 会員同士の情報交換、共有の週報を毎週間違いなく発信致します。会員全員が楽しめるような内容になるように努めてまいります。写メールコーナーの継続で会員同士の親睦が深まるように活動してまいります。会員の皆さんの意見を積極的に取り入れてまいりますのでご協力お願い致します。

プログラム委員会


Committee of program

委員長:井出秀 副委員長:川本明夫
委員:出澤龍一

 ロータリークラブの基本は例会にあります。プログラム委員会としては、例会の充実を目指します。地区テーマの「ロータリーの魅力を広げよう」に従い、『ロータリーの魅力を更に会員の皆様に知っていただく。地域の魅力、公共的な課題、佐久地域の諸活動や、文化の知識を深める。』を目標に活動したいと考えています。一年間の会員の皆様のご協力をお願いします。

公共イメージ向上委員会


Committee of public image

委員長:依田幸光 副委員長:鈴木隆一
委員:宮沢彰博、高橋浩


1.委員会の方針
   2019年7月からの「RIの新たな戦略計画」に「ロータリーの素晴らしさを多くの人に伝え、ロ
 ータリーに迎え入れる」と「ロータリーとロータリアンが果たしている役割を広く伝え、ロータリーの
 知名度を高める」が掲げらました。当委員会では、RI及び地区戦略計画の達成のため、ロータリーや
 クラブの活動について地域社会の人々に広く伝え、そのイメージの向上を目指します。
2.委員会の活動計画
    (1)ロータリーデー等の開催に協力すると共に、クラブで行うイベントや活動を、地元メディアを活用
   し広報活動を行います。
    (2)会員及び地域での理解者に、ロータリーの活動を伝えるポスター掲示や、「ロータリーの友」を置
   いていただく活動を行います。
    (3)クラブのホームページを充実させ、ロータリー及びクラブの知名度を向上する活動を行います。

ニコニコBOX委員会


Committee of smile box

委員長:田中省三 副委員長:神津雅利
委員:村田博志、髙見澤一

 健全で楽しく充実したクラブ運営には、当然資金が必要となります。その資金の一翼を担うのは会員の皆様からの年30,000円(お一人目標額)の喜投という貴重な浄財であるニコニコBOX資金である事は言うまでもありません。いただいた資金の管理・運営はもとより、楽しい発表と情報交換の場となるよう努力したいと思っています。
    会員皆さんのご協力、特に目標額30,000円の達成を宜しくお願いします。

職業奉仕委員会


Committee of job service

委員長:関口孝裕 副委員長:伊藤康弘
委員:阿部豊、川本明夫

 ロータリー固有の概念であり、活動の根幹をなす「職業奉仕」について、その理念を会員と共に考え、理解を深めて頂く事を目標に、次の事項を中心に活動します。
    1.職場例会及び事業所見学の開催
    2.職業奉仕に関する会員及びゲストによる卓話
    3.地域社会での奉仕プロジェクトで職業スキルの活用

社会奉仕(環境保全)委員会


Committee of community(environment) service

委員長:山口正久 副委員長:小林崇之
委員:町田清、新井晃、雫田直輝、茂原充、黒澤和之、尾沼一、茂木智宏、花岡賢一

〈事業方針〉
           ロータリーの理念に、「奉仕の第三部門である社会奉仕は、クラブの所在地域または行政区域内に
   居住する人々の生活の質を高めるために、時には他と協力しながら、会員が行うさまざまな取組みか
   ら成るものである。」と書かれています。
           また、「社会奉仕は、ロータリアン一人ひとりが『超我の奉仕』を実証する機会である。」とも書
   かれています。「超我の奉仕」と聞いても、わかりにくいかもしれません。お馴染みの「われら佐久
   ロータリー」の歌詞に、「奉仕の理想に職業生かそう~」というフレーズがあります。
           社会奉仕を実施するに当たって、会員一人ひとりの得意とする職業上の能力や趣味の力を存分に生
   かせれば、地域のために大きな価値のある社会奉仕になると思います。昨年度に引き続き、社会奉仕
   を実践するために委員会活動を行って参りますので、会員の皆様のご協力をお願いいたします。
〈事業計画〉
          ①「ぞっこん!さく市」への出展及びポリオ撲滅募金の実施
          ②「ダメ。ゼッタイ。」普及運動への協力
          ③ 書き損じ葉書・未使用切手の回収
          ④ 各種募金活動への協力

青少年奉仕委員会


Committee of youth service

委員長:佐藤穂高 副委員長:鬼久保勝規
委員:伊藤康弘、倉又雅直

 青少年奉仕委員会では、今年度主に3つの事業計画を予定しております。
        ①ビジネスマナー出前講座開催(野沢中学校、浅間中学校、佐久東中学校)
            毎年行われているビジネスマナー講座では、今年度、もう一校出前先を追加致します。
    非常に多くの方に講師をお願いすることになります。講師デビューをされる会員の挑戦を
    後押しさせて頂きます。
        ②岩村田小学校への花壇つくり・テント寄贈
            岩村田小学校新校舎完成に伴い、新校舎・多目的ホール入口の清掃美化活動及び花壇づく
     りの環境整備を行い、校庭での運動会やイベント行事で使用するテントを寄贈致します。
        ③信州子ども食堂への支援
            子ども食堂実施団体への人的・金銭的支援の実行を行いたいと思います。
      その他、指導力養成活動、社会奉仕プロジェクト及び国際奉仕プロジェクトへの参加、世界平
  和と異文化の理解を深め育む交換プログラムを通じて、青少年ならびに若者によって、好まし
  い変化がもたらされることを認識することが出来る活動を随時計画・立案していきたいと思い
  ます。

国際奉仕委員会


Committee of international service

委員長:清野正己 副委員長:高橋浩
委員:鬼久保勝規

 昨年までの当委員会の活動方針と活動内容を踏まえ、今年度は以下の活動を行いたいと考えます。特に定住外国人及び日本側の関係者との交流、対話を念頭に置いています。
    会員の皆様のご協力をお願い致します。
      ①佐久市主催の「国際交流フェスティバルin佐久2019」に参加する。
      ②定住外国人の皆さんとの交流・意見交換などの検討。

ロータリー財団委員会


Committee of foundation

委員長:土屋充俊 副委員長:竹内正幸
委員:工藤久茂、中川正人

 ロータリー財団の使命は、ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることです。ロータリーは大きなニーズのある6つの分野(①平和と紛争予防/紛争解決 ②疾病予防と治療③水と衛生 ④母子の健康 ⑤基本的教育と識字率向上 ⑥経済と地域社会の発展)に重点をおき、より平和な世界を築くために世界で人びとの暮らしを支援しています。この6つの重点分野を会員同士が学び、理解し合うことを推進し、下記クラブ戦略計画を実施したいと思います。
      (1)財団への寄付促進:寄付者9名以上
      (2)地区補助金を活用した活動の実施

米山記念奨学会委員会


Committee of Yoneyama's scholarship

委員長:越石雅雪 副委員長:宮沢彰博
委員:鈴木宏信、木内均

 1953年「米山基金」として募金が開始されました米山記念奨学は、2012年に公益財団法人ロータリー米山記念奨学会になりました。この ロータリー米山記念奨学会は、勉学、研究を志して日本に在留している外国人留学生に対し、日本全国のロータリアン(ロータリークラブ会員)の寄付金を財源として、奨学金を支給し支援する民間の奨学団体です。 国際奨学団体としては、事業規模・採用数とも、日本国内では民間最大です。佐久RCの今年度の戦略計画には、4名以上の寄付者を目標にしております。個人寄付は3万円、法人寄付は5万円で準米山功労者になりますのでこの制度をよく理解し、一人でも多くの米山功労者、及び功労法人が増え、計画が達成できますようお願い致します。