佐久ロータリークラブ事業計画

会 長 の 方 針
                          会 長  鈴 木 宏 信
 2016−2017年度の国際ロータリー会長、アメリカ(テネシー州チャタヌーガ)のジョンF.ジャーム氏は本年度のRIテーマを「人類に奉仕するロータリー(Rotary Serving Humanity)」と発表しました。
 メッセージの中で「友人との出会い、地域社会とつながり、目的意識を持つ、人々の絆を育む、キャリアを築く、語らい、笑い、アイデアを分かち合う、しかし、集う一番の理由は、最も大切な目標、すなわち『奉仕』のため」と述べられております。
 それを受け、RI2600地区原拓男ガバナーは地区標語を「Basic& New ! (原点に返り新たな改革を)」、地区行動指針を「長所を認め合い絆を深めよう」と発表しました。またメッセージの中で「ロータリー全体の発展を望むなら全員が同じ方向に進まなければならない」「全員同じ方向に進み(We Serve)⇒(I Serve)に発展」と呼びかけられております。
 わたくしたち佐久ロータリークラブは、会員相互の親睦を図りながら、地域社会のニーズに応えられる奉仕団体として下記の方針を掲げさせていただきます。
 ○会員の増強・維持、そして全員参加で活動
   (増強も維持も全員参加の中で活路をひらけるのでは)
 ○会員間の好意と友情を深める活動
   (会員の『職業』をもっとよく知る機会を設ける)
 ○他クラブを知り、自分たちを知る活動
   (他クラブへ 一人1クラブは必ず訪問する)
 ○Basic & New
   (佐久RCとして変化に対応できる仕組みづくり)
 他にも目標はあるかと思いますが、上記方針をベースとして、会員皆様の今まで以上のご協力をお願い致します。


副 会 長 の 方 針              副会長  町 田   清
 鈴木会長の基本方針に沿って、佐久ロータリークラブが活力ある運営ができますようサポートさせていただきます。一年間宜しくお願い致します。2016−2017年度RIテーマ「人類に奉仕するロータリー」、2600地区標語「Basic & New(原点に返り新たな改革を)」、地区行動指針を「長所を認め合い絆を深めよう」と原ガバナーエレクトが発表されました。
 これを受けて、鈴木宏信会長の今年度のクラブ方針
○会員の増強と会員の全員参加の活動を推進する
○会員間の好意と友情を深める活動
○他クラブを知り、自分たちを知る活動
○佐久RCとして変化に対応できる仕組みづくり
 これらの目標に向けて鈴木宏信会長の下で一生懸命に業務を推進して参りたいと覚悟しております。また幹事としての職務を諸先輩方からのご指導を受けつつ実行していきたいと思います。会員皆様方のご理解とご協力をお願いします。



SAA の 方 針
        SAA  小 林 崇 之   副SAA  川 本 明 夫
 週1回の皆様の限られた時間を大切に考え、例会の開会・閉会時間の厳守を基本に、円滑な進行の中にも佐久ロータリークラブらしい和やかな雰囲気を大事にした例会の運営を心がけたいと思います。
 皆様の御協力をお願い致します。



<委員会事業計画>

1クラブ奉仕(家族)委員会
    委員長  依 田 幸 光

    委 員  
クラブ奉仕委員会所属(出席、会員増強・会員選考・職業分類、
        親睦活動、会報、プログラム、広報・情報、ニコニコBOX、
        ロータリー財団、米山記念奨学会)委員会各委員長

1.委員会の方針
 ロータリーの第一部門であるクラブ奉仕委員会は、ロータリアンがとるあらゆる 必要な行動に関わる委員会により構成されています。2016−17年度のRIテーマ「人類に奉仕するロータリー」、原拓男ガバナーの地区標語「Basic & New」、そして鈴木会長の「会員増強・維持」「会員間の好意と友情」「クラブ・自分たちを知る」、そして「佐久RCの変化」の方針は我々に課せられた道標です。各委員会がそれぞれ協力し合い、一致団結して方針達成のための活動を展開します。
2.委員会の活動計画
 (1)クラブ奉仕委員会各委員長は会長方針に従い計画した事業の
   達成に向け、リーダーシップを発揮し事業を推進する。
 (2)クラブ奉仕委員長は各委員会の事業達成の為のサポートを行い、
   その内容を理事会に報告する。
 (3)関連する委員会の連携を図り、「例会・奉仕活動の充実」「会員の
   加入・維持」「会員・家族の親睦」を重点項目として活動する。
 (4)原ガバナーを強力にサポートする。
 (5)佐久RC創立40周年事業に向けた活動を行う。


1−1 出席委員会
      委員長  村 田 博 志    委 員  羽 柴 壮 一
      委 員  阿 部   誠    委 員  小 林 貴 幸

      委 員  森 永 哲 郎    委 員  清 野 正 己
      委 員  佐 藤 穂 高    委 員  池 田 隼 士
      委 員  神 津 正 範
    委 員  新 井   晃
      委 員  大 井 龍 哉

 クラブの活力・充実度を高めていくためにも、引き続き高い出席率の維持をお願い致します。
 @委員会の積極的な活動と他の委員会との連携により、出席しやすい例会
  ・会合とする。
 A受付は明るく笑顔でお迎えをする。
 Bメイクアップを促進する。
 C地区大会、IM、会員セミナー等の活動に出席いただく。



1−2 会員増強・会員選考・職業分類委員会
     
委員長  竹 内 正 幸     委 員  山 口 正 久
「40名体制の確立」
最低40名体制を目指します。会員の皆様の協力のもと多数の候補者を募り、総力をあげて取り組みたいと思います。


1−1 親睦活動委員会
      委員長  伊 藤 康 弘    委 員  木 内   均
      委 員  山 口 正 久    委 員  小 林 貴 幸

      委 員  森 永 哲 郎    委 員  清 野 正 己
      委 員  佐 藤 穂 高    委 員  池 田 隼 士
      委 員  神 津 正 範
    委 員  新 井   晃
      委 員  大 井 龍 哉

 会員同士の友情と親睦を深めるために、様々なレクリエーションの活動を楽しく円滑に遂行する事を心がけます。また、ビジターに心地よく過ごしていただけるよう心がけます。ロータリー親睦活動グループを参照し、何か楽しい活動ができないか考えます。


1−4 
会報委員会
     委員長  宮 沢 彰 博    委 員  土 屋 充 俊
  「クラブ週報」は、会員同士の情報の共有やお互いに理解しあえる大事な媒体です。クラブ員全員に積極的に参加していただく「写メールコーナー」の継続、「私のロータリー」「私の仕事」「私の履歴書」等々、会員の皆様方の投稿を活発化し、全員参加型の内容を目指して参りたいと思います。
特に今年度会長方針で会員間の好意と友情を深める活動(会員の職業をもっとよく知る機会を設ける)を支えるため、会報内に事業所紹介コーナーを設け、会員同士の理解促進につなげていきたいと思います。



1−5 
プログラム委員会
      委員長  中 川 正 人    委 員  工 藤 久 茂

      委 員  原   拓 男

 会員にとって有益となる社会・地域の情報をゲストスピーチにより提供するとともに、ロータリーの魅力について会員卓話により構成し実施致しますので、会員各位のご理解とご協力をお願い致します。


1−6 
広報・情報委員会
     委員長  阿 部   豊    委 員  越 石 雅 雪
     委 員  原   拓 男    委 員  高 橋   浩
 広報・情報委員会はクラブの様々な活動をメディアや地域の人々などを通じて効果的に一般市民に広くお伝えし、ロータリー活動への理解を深めると共に会員増強・会員選考・職業分類委員会と協力して、新会員の勧誘活動を支援していく事にも心がけていきます。
 また、会長と委員会との連携を深め、研修を実施してクラブの細則にも目を通していきます。そして、「ロータリーの友」への投稿を推奨します。


1−7 
ニコニコBOX委員会
      委員長  鬼 久 保 勝 規    委 員  出 澤 龍 一
      委 員  神 津 雅 利    委 員  阿 部   誠
 会員各位の情報交換・情報提供・意見交換の場として利用していただくように務めさせていただきます。また、会員の皆様から提供いただきました善意は、確実に管理・集計致します。


2.
職業奉仕委員会

      委員長  田 中 省 三    委 員  伊 藤 康 弘
 職業奉仕地区委員を3年間やった経験上、職業奉仕とはロータリー活動の根幹をなす重要な活動と理解しています。まずは会員個人の仕事を充実させ、できれば会員卓話などで自身の職業に対する思いを語るとか、アドバイスを言い合える場を設けるような事ができればと思っています。また、引き続き青少年奉仕委員会と連携し、中学校への出前講座の実施と、職場例会を実施し、各会員の職業奉仕活動に役立つ活動を考え実行していきたいと思います。



3.
社会奉仕(環境保全)委員会
      委員長  川 本 明 夫    委 員  鈴 木 隆 一
      委 員  土 屋 充 俊
 地域に住む人々の生活の質を高め、公共に奉仕するために、次の事業を展開します。
 @地域で開催されるイベントに参加し、社会奉仕活動及びロータリーの
  公共イメージと広報活動を行う。
  (ぞっこんさく市、ダメ・ゼッタイ運動など)
 A地区補助金を利用しての事業を行う。
 B書き損じ葉書・未使用切手の回収を行う。
会員の皆様方のご協力を宜しくお願い致します。


4.
青少年奉仕委員会
      委員長  依 田 淑 史    委 員  関 口 孝 裕
      委 員  神 津 雅 利    委 員 
伊 藤 康 弘
 青少年奉仕委員会では、クラブが独自で行ってきた中学生に対する職場体験学習実施前のビジネスマナーの出前講座を本年度も継続して行います。これまで参加されていない会員にも参加を促していきたいと思いますので多くの会員の皆様の参加及び協力を宜しくお願い致します。
 ところで、佐久RC定款第5条においては、青少年奉仕を「指導力養成活動、社会奉仕プロジェクトおよび国際奉仕プロジェクトへの参加、世界平和と異文化の理解を深め育む交換プログラムを通じて、青少年ならびに若者によって、好ましい変化がもたらされることを認識するものである。」と定められていますが、佐久RCにおいて行われていない活動が多く存在します。今年度は、地区で行われる下記の青少年に対する活動へ積極的に参加し、どのような事業なのか情報収集を行いたいと思います。
<事業計画>
 @RYLA(ロータリー青少年指導者養成プログラム)
   2016年9月24日(土)-25日(日)
   ホスト:松本東RC
   場所:松本市(松本東急REIホテル)
   テーマ:「人類に奉仕するロータリー」「ロータリークラブとは何か」
 Aローターアクト地区年次大会
   2017年5月14日(日)
   ホスト:長野東RAC
   場所:未定
 Bインターアクト地区大会
   2017年6月25日(日)
   ホスト:東海大学付属諏訪高等学校IAC・茅野RC
   場所:未定



5.
国際奉仕委員会
      委員長  高 橋   浩    委 員  市 川   覚
      委 員  山 口 正 久
 前年度までの国際奉仕委員会の方針及び活動を継承しつつ、当クラブとして更に今後どんな活動ができるかを模索する。
 @佐久市主催の「国際交流フェスティバルin佐久2016」への参加。
 A地域在住の外国人とのふれあいを尊重し、交流する。
会員の皆さんからの積極的なご意見・ご協力をお願い致します。


5−1 
ロータリー財団委員会
      委員長  二 見 光 子   委 員  荻 原 新 七
 ロータリー財団は、国際ロータリーの慈善部門で、ロータリアンと支援者による自発的な寄付のみに支えられています。財団の補助金を通じて、ロータリアンは、人々の健康状態の改善、教育支援、貧困救済に努め、世界理解、親善、平和を促進する活動を行うことが出来ます。
具体的に当クラブができることは、
 @寄付を通じて財団を支援する計画を立案し、実施する。
   今年度2600地区プログラム基金寄付目標一人平均150ドルの
   達成である。⇒ 3年後の地区財団活動資金(DDF)に反映されるた
   め、一人150ドル寄付達成の立案をする。
 A財団補助金プロジェクトや活動への参加を呼びかけ、促進する。
   地区補助金活動はロータリークラブがその活動を対外的に発信する
   貴重な機会の一つです。今年度、当クラブの補助金プロジェクトは
   「市内中学生に対する職業体験に向けての教育支援事業」(補助金申請
   承認済)です。積極的にプロジェクトにご参加いただけるよう会員皆
   様にご理解ご協力を促し、意味のある活動に向けて努力したい。
 B今年度はロータリー財団設立100周年の記念すべき年度。
   グローバル補助金事業にも挑戦できるように知識を広げ、地域社会の
   ために持続性効果の高いプロジェクトをメンバー全員で考えていきた
   いと思います。ご協力のほどよろしくお願い致します。


5−2 
米山記念奨学会委員会
      委員長  高 柳 健 司
 ロータリー米山記念奨学事業の歴史は60年以前にさかのぼります。敗戦後の復興が続く1952年、日本のロータリーの礎を築いた米山梅吉氏の功績を記念して、東京ロータリークラブが国際ロータリーに復帰し1967年に設立されたものです。「将来の日本の生きる道は平和しかない。その平和日本を世界に理解させるためには、アジアの国々から一人でも多くの留学生を日本に迎え入れて、平和の日本を肌で感じてもらうしかない。それこそ、日本のロータリーに最もふさわしい国際奉仕事業ではないだろうか」という考えに基づいています。
 現在中国人留学生が40%近く、韓国が15%近く、ベトナムが10%近く、台湾が5%近くとバランスを失しているとの声も大きくなっていますが、学友会からの寄付金は中国・韓国・台湾の3国より「1800万円」が寄付されている事も事実です。しかし、アジアの多くの国々との多面的な関係を保っていく必要もあり経済的支援も欠かせません。その意味で私たちの関わり方が求められているのだと考えています。個人寄付は、準米山功労者3万円・米山功労者10万円となりますが、毎月1万円でも5千円でも結構ですから無尽のように積立していただき、是非とも米山功労者になっていただくように皆様の御理解とご支援をお願いします。